R U READY ?
image1

2020始動!〜新しい夜明け〜

written by JF

2020年1月3日、某駅近く朝のドトールより。
メンバーの到着を熱いコーヒーと共に待ちながらMacBookを開くのも慣れたものである。

少し2019振り返り。

愛娘との音楽

昨年は私事ではあるが年初より娘との音楽活動が継続してあった。
ボカロ曲との出会いや、様々な歌い手さんのアレンジに触れた事は大きい。
世にある曲を自分達なりに解釈してしっかり録音してパッケージを仕上げる。
公開して反響を見る。Youtubeで客観的に鑑賞した時にあれこれ考える。
この反復の中で、改めて自分なりのモダンな音楽というか、こういうのカッコいいんじゃない!?ってのが再発見されたのは確かだ。

もちろん根底にあるのは、ギター1本・ピアノ1本で訴求できるメロディーであるのは変わらないのだけど。

あと、俺の娘にかかわらず、歌がちゃんと歌える人で良かった。
俺が同じ年の頃なんて、音程なんて考えず「とりあえず高い声出した者勝ちでしょ!」みたいな歌い方だった気が笑

MIZUKI、プロフェッショナルに

これまた私事ではあるのだけど、2019年の年初より久々にIT系の商社営業に返り咲きまして。
商品自体の企画や販路開拓もやるセクションなので、いわゆる売ればOKでも無いところが面白く。
そんな中で数回、MIZUKIの勤める会社とのやりとりもあり。
夏に大阪で彼と会って、秋に企画提案を受けて、冬に実機プレゼンを受ける。

もちろんいずれも俺たちが議事を進めると。
こんなの出会ったばかりの頃は考えられなかったな。

よく何年も同じバンドやってると、本当にいつも一緒にいるとか、音楽をやる年に数回だけ会うだけとか、いろいろなバンドの形を聞くのだけど、俺たちは本当にバラバラ。

もちろん音楽での繋がりが根底にあるのは確かなのだけど、パーソナルな部分は本当皆バラバラな付き合い。良いバランスだと思うよ。

セッションに誘った俺が当日泥酔してめちゃくちゃなプレイして迷惑かけまくるとかさ。

数ヶ月ぶりにPANJIから電話あったと思ったら、深夜の2時で今から飲もうぜ、とかさ。

R U READY TO ROCK!???

このタイトル、どうやって出来たんだっけと思うけど、良いよね。
常に自分に問いかける感じ。
もちろん2020年もやるぜ!!!!!

その前に・・・、

本日よりkotowari 2020年のレコーディングの始まりである。

風に想いを乗せて、無重の扉を開けていくぜ!

幸あれ!!

JF