R U READY ?
s_4891582741648

BRAND NEW

letter by KAEDE

バンドの世界に・・・まずは形から??

10年前、 KELLYに誘われてkotowariに加入した。
ファーストコンタクトは新宿の喫茶店で、当時の自分はたしか20歳だったと思う。

MIZUKIくんを除けば自分が最年少だったため
年上メンバーの JUNさんPANJIさん達は今以上に大人びて見えた。
(今では思わずため口で話しかけそうになる・・・)

この場で謝りたいが、当時の自分はバンド活動やロック音楽にそこまで関心は無く
「友達に誘われたから」「ほかにすることもないから」 という適当な理由でバンドに参加した。

しかし初ステージのときに見に来てくれた女性の方が「楓さん格好いい!!」と言ってくれた。
この瞬間から僕は舞い上がって熱中するわけだが、我ながらバカみたいに単純な性格だと気に入っている。
こういうところは多分一生変わらない。

離れてから気付くこともある

代表曲かつ原点であった「希望の叫び」と共にkotowariが始まり、
「希望の叫び」の演奏を以て2年間続いたkotowariは解散した。

みんなバラバラになったが、解散した後も僕は音楽を続けていた。そしてあることに気づく。

恥ずかしいことに当時の自分は作詞作曲どころか鍵盤パート1つすらまともに作れなかった。
そもそも作ろうとする意識自体がなかった、その事実を解散するまで受け入れられなかった。

それがとにかく悔しくて悔しくて今でも心残りだ。本当に悔しいのだ。

バンドの世界ふたたび ~歌姫の再降臨~

当時20歳で加入した自分と入れ替わるように、
2016年、 20歳のREINAちゃんを迎え入れて新生kotowariが始動した。

・・・かつて誘われるままに加入しただけの人間が
自らの楽曲と共に、自らの意思で、再結成の呼びかけをするなんて誰が想像できただろうか??

10年遅れでREINAちゃん達とようやく肩を並べられる。
そんな劣等生の自分だが新曲「Alice」はまさにそんな自分にしか作れなかった。

人間関係にだってスキルにだって、ウイスキーやワインのような熟成期間が重要なときもある。
かつてのメンバー達や応援して頂いた方々を見返したい。

バンドの世界ふたたび・・・今度こそは本物の夢と共に!!!